むむちゃの人生確変でいきたい

    大分のラーメンやうどんの実食記などをテキトーにアップしていきます
    2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    だるま製麺所@大分市碩田町


    だるまかけ1

    食べたもの:かけ(大)+ごぼ天 500円
    お勧め度:★★★★☆☆☆☆☆☆

    ※12月3日分です

    この日も中途半端な時間に出かけ、朝食もまともに取ってなかったのでだるま製麺所へ

    前回はぶっかけでしたので、今日は温かいものをと考え、かけうどんにしました

    並はあっという間に食べてしまったので今日は大にします、かけうどん(並)は280円という庶民の財布には優しい価格設定です、大でも380円ですからね(^^)これに思い切ってごぼ天を追加しました

    入口付近では一所懸命に麺を打つ姿が確認でします、そういうわけで手打ちなのは間違いないですが、オーダーの段階では茹で置きのようです、これによってほとんど待たないのだけど、お客ナッシング状態の時なんだから茹でたてが食べたかったのが正直なところかな

    ごぼ天だけプライスカードに値段が入ってないなあ(^^;)そんなには高くはないだろうと思いつつ、レジで精算するとピッタリ500円、120円ということでした

    セルフなので自分で席まで運びます、デフォの価格が低いのは、セルフゆえにということなんでしょうね

    ネギはもう少し欲しかったのでテンカスと共に取りに行きます、薬味はセルフで入れ放題これはうれしいよね(^^)

    ではいただきます、スメはかなりあっさりしてます、塩分などもかなり控えめ、というより大人しすぎる味わいですね、麺は茹で置きが原因かコシがイマイチに感じます、せっかくの手打ちなのもったいないとか考えてしまうかな

    ごぼ天は結構厚みがすごいぞ(^^)ボリュームはしっかりあります、かなり細く笹ガキしてるものがたくさんって風なので、ふんわりでやわらかいです

    だるまかけ2

    天ぷらは2回に分けて投入ししっかりいただきました、大にしたのでかなりお腹は満足出来ましたよ、早い時間の訪問で、お客が少ないですから麺のクォリティーへの感想がイマイチですが、混雑時だと麺がよく回転するだろうし、今度はその時間帯に行ってみようかな

    だるませいめんしょ

    店名:だるま製麺所
    住所:大分市碩田町2-1-34
    営業:10時-22時(OS21時30分)
    休日:無休
    マップコード:46298135

    ※閉店時間が23時と紹介してるブログ等もあります、遅い時間に行かれる際にはご注意ください

    ※マップコードとは?
    DENSOが提供してる日本中の任意の地点を、10桁までの数字で表している便利なものです(^^)
    マップコードに対応しているカーナビで用いると、即座に目的地を探すことが出来ます
    詳しくは、http://guide2.e-mapcode.com/index.htmlを見てね
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    初めにお読みください
    ☆飲食店データについて☆
    客観的に味や価格、接客やお店の清潔度など判断してお勧め度を決定しています(過去の一部投稿分)皆さんの感想と違う場合もあるかと思いますので、参考程度にお考えください

    掲載して時間が経過している記事も多くなってきました、記事内の価格や営業時間、住所等の店データについては「訪問時」のものを掲載してます(検索で古い記事を見た方は特に注意してください) 2014年4月から消費税が変更になり価格の変化もあると思われますのでそちらもご注意を
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ(タブ)
    検索フォーム
    リンク集


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。