むむちゃの人生確変でいきたい

    大分のラーメンやうどんの実食記などをテキトーにアップしていきます
    2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    黒門@福岡県遠賀郡遠賀町

    e4f3fc86.jpg店名:南京ラーメン 黒門
    住所:福岡県遠賀郡遠賀町島門2-12
    営業:11時-19時
    休日:月曜日 第3日曜日




    食べたもの:ラーメン 500円
    お勧め度:★★★★★★★★☆☆

    ※2月3日分です

    あたりも薄暗くなってきた頃、結構な距離を走ってやって来ました黒門へ(^^)

    ここは以前から食べた方がいいよと隊長よりの話もあり、いろいろなブログでも絶賛されていたので、かなり期待が持てます

    店内は先客1名、カウンターのみの明るく清潔なお店です、ここでも店主と隊長が談笑してます、この人の人脈はどないなもんなんでしょうか(^^;)

    メニューはラーメンと大盛、おにぎり等のシンプルな構成、当然のごとく3杯のラーメンをオーダーです、ん?手書きのメニューでのりのトッピングもあるみたいですね、なんと佐賀で有名な「いちげん謹製」とあります(^^)うおー食いてえ、駄菓子菓子、初訪問ではデフォメニューを頼むのが夢夢のポリシーなのであえてガマンです(^^;)

    太助さんはのりトッピングを追加オーダー、心見透かされてるかな(^^;)なんて思いながらラーメンの完成を待ちます(^^)

    麺上げしたくらいに先客がお勘定と言いました、こういう場合よくあるパターンは、帰るお客を待たせないように勘定を受け取るってのが普通にあるのですが、店主はお待ちくださいと告げて、ラーメンを黙々と作っています、3人にラーメンが提供されて先客のお勘定を済ませました、賛否両論あるでしょうが、時間かけられて延びたラーメン出されるよりはいいかなとは思いました

    さてさてさて、いつものようにスープを飲んでみます

    キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

    めちゃくちゃすっきりなスープです、だけどただ薄いだけでなく上品な味わい、スーっとしみていくって感じかな、そして盛り付けも丁寧です、麺は若干やわ目なのですが、マッチしている感じですね、チャーシューも2種類入ってるこだわりも感じます

    全体的に「丁寧」の一言です、化調も使ってるんですが、すくってパッじゃなくて、スプーンから指でトントンとたたいて落とすって感じで量にも気を使っています(しかし太助さん曰く、化調多めだったらしいです^^;)のりも密閉する袋にいれて冷蔵庫で保管し、使うときに取り出すとか、かなり気を使って作られてるようですね

    3人とも完食完飲で店主にお礼を言って店を後にしました(^^)いやあ満足満足、この日3杯目でしたがしっかり最後までおいしくいただけましたよ(^^)

    では裏のメインイベント、競馬残念会の飲み会会場まで行きましょう、場所は天神ですが、あたりはもう暗いし、果たして間に合うのか(^^;)

    (続く)
    スポンサーサイト
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    初めにお読みください
    ☆飲食店データについて☆
    客観的に味や価格、接客やお店の清潔度など判断してお勧め度を決定しています(過去の一部投稿分)皆さんの感想と違う場合もあるかと思いますので、参考程度にお考えください

    掲載して時間が経過している記事も多くなってきました、記事内の価格や営業時間、住所等の店データについては「訪問時」のものを掲載してます(検索で古い記事を見た方は特に注意してください) 2014年4月から消費税が変更になり価格の変化もあると思われますのでそちらもご注意を
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    月別アーカイブ(タブ)
    検索フォーム
    リンク集


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。